Report of Medical Checkup

母娘で受ける、
人間ドック

“母と娘、親子で人間ドック”

  • 今年33歳。趣味は旅行。
    自分の健康も気になるけど、母の健康はもっと気になる年頃。最近自分と同世代の芸能人が乳がんや子宮がんだったとのニュースに驚き、レディース健診を含めた人間ドックを受けることに。

  • 今年64歳。趣味は手芸。
    運動不足で、健康のためにそろそろ何かしないと…と思っていたところ、娘から宿泊ドックに誘われて、ちょっとしたお出かけ気分で行ってみることに。

お母さんもいい年だし、私も今後の人生のことを考えるとそろそろきちんと体のことをしっかり調べないといけない。
そう思って色々調べてみた結果、大雄会健診センターの宿泊ドックを発見。
一人だと躊躇して何かと先延ばしにしてしまいがちだけど、お母さんと一緒なら検査結果もシェアできて心強いし、気兼ねなく受けられると思って、すぐに申し込んでみました!

大雄会第一病院がある愛知県一宮市は名古屋のベッドタウンで、繊維産業で栄えた町。公共交通機関では駅からバスで約10分だし、駐車場も完備されているので車でのアクセスも便利。

アクセスはこちら

大雄会第一病院8階の受付へ

大雄会第一病院の玄関から専用エレベータ―で8Fへ。
まずは総合受付に。今回はPET-CT付きの宿泊コースを申し込んであるので、ここから、さらに奥の宿泊健診専用の受付に案内されました。

「どんな雰囲気のところかな?」
「手厚く検査してくれるかな?」
ほんの少し不安な気持ちを抱えながら、歩みを進めます。

茶色を基調とした落ち着いた空間が広がります。初の人間ドックで少しドキドキでしたが、
「ここはいかにも病院って感じがしないね!」なんて母と盛り上がり、緊張もほぐれました。

そして宿泊健診の受付を済ませて、事前に記入していた問診票を提出。ラウンジへ移動してこれから受ける健診の説明を聞きます。このときも丁寧に説明してもらえるのでとっても安心。宿泊する部屋へ案内されて着替えを済ませます。ラウンジと同じく落ち着いたインテリアの室内は、まるでホテルの室内みたいでゆっくり過ごせそう!

1日目の健診開始

早速健診スタート。まずは、PET-CT検査へ。
緊張していたけれど10分間じっとしているだけ。思ったより簡単!
「もっと大変な検査かなって思ってたけど、早く終わってよかったね」
検査の内容は放射線診断専門医が読影してくれます。

検査の合間にはラウンジで雑誌を見てリラックス。
お母さんといつもはしない話をしてみたり。

今回オプションでレディース健診もつけたので、乳がん健診や子宮頚がんの検査も入っています。

1日目の検査終了

今日の検査はこれでおしまい。昼食をいただいてから、休憩がてらラウンジへ。
宿泊者にはここでコーヒーのサービスもありました。

部屋へ戻って夕食をとります。
「なんだかのんびりする時間がたくさんあるし、ご飯もおいしくて旅行に来たみたいだね!」

ただ、明日も朝から検査なので、21時以降は絶飲食。
夜に部屋でお菓子を食べたり、お酒を飲んだりできないってところが旅行とは違うかな(笑)

2日目の検査スタート

2日目の朝は胃カメラからスタート。
昨日の絶飲食はこのため。この後のおいしい朝食のために頑張りどころ!
胃カメラが終わったら一時間ほど体を休めて、部屋に戻って朝食をとります。

検査をすべて終え、当日検査結果説明を医師から直接受けます。
丁寧に説明をしてもらえ、気になっていたことも先生に質問できたし、不明点や不安も解消できて安心。
生活習慣の見直しが必要な場合は保健師や管理栄養士からのアドバイスも受けられます。
検査後のフォローアップもバッチリ!ほっと安心しながら帰路へ。

「親切なスタッフさんたちだったね。」
「安心して2日間過ごせたね。」

後日検査結表が届き、詳細を確認。

「生活習慣で気をつける点も分かってよかった。健診で身も心もリフレッシュできるなんて思わなかった!」
「来年も一緒に受けようね!」

こうして、大雄会健診センターでの宿泊ドックが
私たち母娘の毎年のルーティーンになったのでした。

※このエッセイは、検査を受けるコースをイメージしたフィクションです。
詳しいコース内容はお問い合わせください。

大雄会の健診センターで、
信頼と安心のひと時を過ごしませんか?